夏場の営業は汗との闘い、現場の声 苦あれば楽あり 

営業と言っても様々な形態がありますが、夏場に個人宅を訪問する場合に「汗」がとても困ります。

クーラーを効かせた車から外に出ると汗が噴き出しますし、クーラーを入れずにいてもジンワリと汗ばみます。
当然タオルが必須アイテムとなるのですが、正直シャツやブラウスもびっしょりになっています。

こうした経験から、夏場の衣服についてポロシャツなどを提案したことがありますが、残念ながら却下されました。
見るからに暑苦しいシャツやベストだと訪問される方も暑さ倍増ではないかと思うのですが、中々難しいですね。
紺色などのカッチリしたポロシャツならばそれ程カジュアルではないし、見た目も通気性も少しは涼しげなのですが。

この汗問題を現実的に解決するため、車に着替えを常備していたことがあります。
結論から言うと、数日でうやむやになってしまいました。時間が勿体なかったこと、週でみると洗濯が大変だったこと
などの理由からです。

汗をかくと言うことは化粧も落ちるということで、こちらはある程度のところで諦めの境地に至りました。
化粧を直すことは可能ですが焼け石に水、洗顔からサッパリとやり直したくなるからです。

落ち着くところは「汗による不快感を与えないためのタオル」、「汗臭さをなくすための消臭スプレー」の常用と
万が一の時のための着替えの準備というところです。

結局、気安め的な冷感スプレーや機能性肌着、欠かせないタオルなどのお世話になりそうですが、営業だけではなく
外で仕事をする人や暑さと不可分な仕事に就いている人に共通した悩みでしょうね。

ただし苦あれば楽あり、悪いことばかりではありません。歩いたり汗をかくため、健康面やダイエットには
効果的な面もあります。メタボ改善にも良いでしょう。
自分で健康状態を把握出来て、熱中症対策にも心を配れるのなら、仕事をしながら健康な身体を
手に入れることが出来るというわけです。
さあ、今年も汗に悩む季節がやって来ました。

「夏場の営業は汗との闘い、現場の声 苦あれば楽あり 」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です